2017年現在で楽曲製作に必要なパソコンのスペック

2017年現在流通する主要なDAW(楽曲を作るためのアプリケーション。CubaseやFL Studioなど)の最低動作環境は、

  • 約2GHz以上のデュアルコアCPU
  • 2GBのメモリ
  • 20GB以上のHDD容量

です。これは「DAWを動かすためだけの最低動作環境」で、必要最低限のことしかできません(DTMパソコンに必要なスペックとは)。

no image
DTMパソコンに必要なスペックとは

DTM用のパソコン選びに悩む方は多いと思います。 このページでは、CPUやメモリなどの役割を簡単に紹介しつつ、 どのようなスペックを持つパソコンなら快適にDTMができるのか、筆者なりに考えてみました。 ...

続きを見る

DTMには複数のソフトシンセやエフェクトを組み入れて利用することが多いため、それらを含めて安定動作させるために、より優れた環境が必要です。

それらを踏まえて、どういったパソコンを選べばよいか、お悩みではありませんか?

DTM用のパソコン選びに迷えるあなたへ

このページをご覧のあなたは、おそらく

  • とりあえずかっこいい曲を作ってみたい!
  • ボーカロイドを使って曲を作りたい!
  • 新しくDTM用途のパソコンを買いたい!

などと考えていると思います。

そこで弊サイト「DTMパソコン情報 power by 3104式」では、

  • 現在流通するDAWやソフトシンセを使うために必要なパソコンスペック
  • 筆者が利用するパソコンの情報など

DTMとパソコンに関する情報をまとめました。

こんなあなたの不安に応えたい

  • DTMに最適なパソコンはどんなパソコン?
  • BTOパソコンって聞くけど、DTMに向いてるの?
  • DTMにはどんなスペックが求められるの?
  • DTMやってる人はどんなパソコンを使ってるの?
  • なんでそのパソコンを選んだの?

一流のDTM環境を得るために、あなたが優れた曲を書いて注目を浴びるために、本記事が少しでもお手伝いできましたら幸いです。

Copyright© DTMパソコン情報 power by 3104式 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.